Kyash最大5%上乗せ還元キャンペーン攻略 Amazonチャージ5万1円とToyotaWalletに3万1円【2022年2月19日11:59まで】

支出最適化

Kyashが最大5%上乗せ還元とかなり大判ぶるまいなキャンペーンを実施中です。

資金拘束されるサービスへの不安を加味して、管理人は以下2つにチャージをしました。

  • Amazonチャージ:5万1円
  • ToyotaWallet:3万1円

還元されるのは以下なります。

  • Amazonチャージ
    • Kyashポイント2500(5%)
    • Kyashにチャージしたクレカの還元
  • ToyotaWallet
    • Kyashポイント900(3%)
    • ToyotaWallet還元300円(1%)
    • Kyashにチャージしたクレカの還元
  • 上記とは別に通常還元(0.2%)の上限100Kyashポイントももらえます。

 

1年以内には使うであろうお金を移動しておくだけで還元を受けられるので、かなり得です。

お得過ぎて、キャンペーン終了日よりも前に早期終了する可能性が高いのではないかと思います。

※2022年2月19日11:59で早期終了することになりました。

 

他のチャージ先も検討した結果、上記2つを実行したのでそれらも踏まえて検討内容を書いていきます。

キャンペーン概要

キャンペーン期間中、1回の決済金額に応じて通常還元ポイントに加え、最大5%のポイント還元がされます。

5万円ではなく、5万1円なのが絶妙なキャンペーン設定をされています。

TOYOTA Walletは1回のチャージ上限が5万円のため、3万1円チャージで3%還元が最大となります。

まあ、それでも大分お得だと感じます。

 

Amazonチャージは5万1円以上チャージができるため、最大の5%還元を受けられます。

 

Kyashキャンペーンの公式サイト(https://www.kyash.co/campaign-information/20220217

期間

2022年2月20日(日)23:59までとなってます。

ただし以下の注意書きがあります。

キャンペーン期間中であっても内容・条件を変更または本キャンペーンを中止する場合があります。変更や中止をする際には、ホームページで事前に告知いたします。

キャンペーンの予算上限が会社として定められていると想定されますので、それを超えそうになったら早期終了は有り得そうです。

チャージ先の検討

多額の買い物をする予定がないため、チャージして資金を移動できる先を検討しました。

下記のブログ(外部)でも検討結果が書かれていて、Kyashの詳細とかはこちらが参考になると思います。

Kyash Card / Kyash Card Lite / Kyash Card Virtualのいずれからもチャージ可能

3Dセキュアに対応していないカードからチャージできる先です。

  • Amazonチャージ

 

チャージできる先がなかなか見つからないですね。

しかしAmazon利用者だったら年間に5万円くらい使いそうなので、面倒なことを考えたくなければ5万1円Amazonチャージして2500Kyashポイントをいただくのが最適解かもしれません。

6万円でも7万円でも5%還元のため、1年間でAmazonで利用する金額くらいはチャージするのもありかと。

 

Kyash Card(3Dセキュア対応)からのみチャージ可能

3Dセキュア対応に対応しているKyash Cardのみからチャージできる先です。

プリペイドのためVISAかMasterカードの加盟店で使え汎用性が高いです。

  • TOYOTA Wallet
  • B/43
  • MIXI M(旧6gram)
  • Revolut

B/43

B/43自体は還元率0%ですが、リアルカードがあるためチャージ先の候補にはなります。

ただ管理人はこの会社のよく知らないので、5万円チャージして当面置いておくことに不安を覚えています。

万が一破産して5万円返ってこなかったら、5%還元もらおうとして100%失うのは無駄過ぎるなと。

悩んだのですがB/43にはチャージしませんでした。

MIXI M(旧6gram)

MIXI Mもリアルカードがあるのですが、現在発行が中止されています。

還元率は0%です。

管理人はMIXI Mを使っていないためリアルカードも持っておらず、それならB/43にチャージをした方が良いなと外しました。

Revolut

Revolutは管理人がよく分からないため、気になる方は以下のブログ(外部)を見てみると良いかもしれません。

TOYOTA Wallet

TOYOTA Walletは冒頭で触れたとおり、1回に5万円までしかチャージできません。

リアルカードがなく、リアル店舗ではiD払いに対応している必要があります(androidの場合)。

 

しかしTOYOTA Wallet自体に1%の還元があります。

3万1円チャージでKyashの還元3%と合わせて、4%還元。

TOYOTA Walletを利用しないと+1%が確定しない点は注意ですが、悪くない還元率に思えます。

 

TOYOTA系列の会社が1年そこらで資金難になるとは考えにくいため、3万円くらいならば預けておいても問題ないと踏んでいます。

 

管理人
管理人

3万1円チャージしたのですが、これを書いていて上限の5万円までチャージしても良かったかもと思いました。

もう1回3万1円チャージする手もありますが、6万円以上資金拘束されるのは気分が落ち着かないため、そこまでやらなくて良いかといったところです。

(参考)チャージ不可

以下はKyashからチャージができません。もしくはチャージをしても還元の対象になりません。

基本的にはプリペイド、電子マネーへのチャージは塞がれているため、上記が例外というところです。

  • プリペイド
    • auPayプリペイド(不可)
    • dカードプリペイド(不可)
  • 電子マネー
    • suica(還元対象外)
    • Edy(不可)
    • nanaco(不可)
    • 楽天キャッシュ(不可)

EdyにチャージしてからAmazonチャージすると還元率があがるのですが、今回は使えず残念です。

Kyashにチャージするクレカ

KyashにチャージできるクレジットカードはVISAかMasterです。

楽天カードなどの還元率1%以上のカードからチャージすれば、還元率をブーストできます。

 

ちなみに管理人は三井住友カードゴールド(NL)の年会費を永年無料にするための100万円修行中のため、こちらを利用しました。

普段から、三井住友カードゴールド(NL) → Kyash → TOYOTA Walletのルートで支払いを行っています。

Amazon利用に関しては、TOYOTA Walletを経由するより今回のKyashキャンペーンに乗った方が得なのでAmazonチャージしたというところです。

 

三井住友カードゴールド(NL)はSBI証券の投信積立とセットで、3%分の仮想通貨をプレゼントというキャンペーンもやっています。

キャンペーン終了の2022年4月30日までに三井住友カードゴールド(NL)の利用額を増やしておきたかったため、今回のKyashのキャンペーンはちょうど良かったです。

 

3%分の仮想通貨キャンペーンは以下のブログ(外部)も参考に。



まとめ

Kyash最大5%上乗せ還元キャンペーンの攻略法を考えました。

面倒なことを考えたくないAmazon利用者は、5万1円Amazonチャージして2500Kyashポイントもらうのが効率が良さそうです。

 

利用先がAmazonのみになるのが嫌な場合は、プリペイドのB/43かMIXI M(旧6gram)にチャージしておく選択肢があります。

管理人はここに5万円置いておくのに不安を感じるので、利用しませんでした。

個々人の気持ち次第なところです。

 

還元率は4%(※1)に落ちますがTOYOTA Walletにチャージも手です。(※1 TOYOTA Wallet利用時の+1%を含み)

管理人は普段からTOYOTA Walletを使ているので、先にチャージしといてKyashポイントを取りに行きました。

 

正直この攻略法を考える時間と還元金額が時給としては見合ってないのですが、趣味だからいいのだ、というところです。

人の考えた攻略法に乗るのはほぼ時間かかりませんし、チャージでお金を移動するだけで還元がもらえるのは結構おいしいのではないかと思います。

 

↓お得情報を含む支出最適化に関する記事の一覧です

↓当ブログはFIRE(経済的自由を手に入れ嫌な仕事を早く辞める)目指した経過報告がメインのため、よろしければ以下の記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました